デトランスα 効果

最強の制汗剤を見つけた

 

私は重度なワキガです。しかも多汗症でもあります。

 

このサイトを見ているということは、あなたも少なからず脇の臭いや汗で悩んでいるのではないでしょうか?

 

この体質のせいで本当につらい経験をいっぱいしてきました。それこそ簡単に言葉にはできません。
でもたった一つの商品で、人生がガラッと変わることがあります。

 

私にとってのきっかけはデトランスαとの出会いでした。

 

デトランスαは最強の制汗剤です。私の体験を通してデトランスαの効果をお伝えしたいと思います。

 

 

 

ワキガは人生を狂わせる

 

五感の中でも「におい」というのは少し特殊で、大脳辺縁系を刺激するそうです。
大脳辺縁系とは昔からある古い脳の部分で、本能に基づく行動や感情を支配するところです。

 

かみ砕いていえば、「臭いにおい」はダイレクトに人の感情や本能を刺激し、相手をイライラさせ不快にさせるということです

 

 

ワキガによって引き起こされる思春期時代にしたつらい体験

 

 

私が自分のワキガを察するようになったのは小学校の高学年ころからです。
よく言われることですが、ワキガの人は自分の臭いに気づきにくいです。

 

周り子たちが私の方を見てヒソヒソと内緒話をして避けることが多くありました。
そのとき一番仲の良かった友達に原因を聞いてみると、

 

「たぶん臭いからだと思うよ」

 

 

 

幼心にも心臓がえぐられるような悲しみでした。
表立って言われることはありませんでしたが、周りの人たちの間では、私を裏で「ばい菌」扱いをしていました。

 

 

ワキガは人を避けて避けられボッチになる

 

ばい菌扱いされた経験もあって、中高の思春期の頃は、周りの人に臭いがしていないか不安で仕方ありませんでした。

 

8×4やデオナチュレなど様々な制汗剤を試してみました。
朝に塗って使い始めは消臭効果を感じるのですが、お昼あたりから脇臭が気になりだします。

 

「ひょっとしたら臭いはじめたかも?」と考えると、今度はそのストレスによる精神発汗で汗をかくという悪循環です。
汗が脇を伝う感覚は本当に嫌で嫌でしょうがありませんでした。

 

特に体育の後のお昼ご飯のときなどは最悪です。周りにいる人たちの迷惑にならないよう一人そっと教室を出ていくことも多かったです。
いま振り返ると、自分の体臭が気になって自分に自信が持てない日々でした。

 

人を避ける私に仲の良い友達などできるわけもなく、当然ながら、恋愛なんて夢のまた夢。
あまり人と話さない孤独な時間を過ごしていました。

 

 

ワキガに自由を奪われる

 

 

高校生にしてはワキガ対策をいろいろやった方だと思います。

 

にんにくや玉ねぎ、辛いものを食べないのはもちろん、肉食をほとんどせず野菜中心の生活をする。

 

制汗剤はもちろん汗脇パッドもよく買っていました。
お昼にはトイレに行って脇をふいてシャツを着替えこまめに制汗剤を塗りなおすのが日課です。
毎日替えのシャツを2枚ほど学校に持って行きました。

 

私服もオシャレな格好はできません。
白い色の服は脇が黄ばんでしまうし、灰色系だと汗が目立つし、ノースリーブは臭いをまき散らすのが怖くて着れない…
このころ汗ジミが嫌でドルマン型の服を多用していました。

 

周りに迷惑をかけないように過ごそうとすると、ワキガというだけで本当に不便な生活を強いられます

 

 

病院へ行けばなんとかなる?希望を求めて

 

ワキガの人なら一度はアポクリン腺の除去手術を考えたことがあると思います。

 

私も20歳になったら手術しようと交通量調査のバイトをして貯金していました。
女性でで交通量調査のバイトって珍しいですよね。
でも接客業なんてやる勇気もなく一人でできるバイトを探した結果でした。

 

20歳になりスグに病院へ行きました。そこで一通りの手術方法を聞き、ワキガの手術は保留することにしました。
デメリットを考えたときに踏ん切りがつかなくなったためです。

 

一般的なデメリットは

 

  • 費用が高い
  • 傷跡が残る
  • ワキガが再発する可能性がある

 

という点です。

 

ワキガの手術は30万程度かかります。
でも私にとってお金の問題は全くデメリットと感じませんでした。

 

今までしてきたつらい思いや不便さを考えれば、30万円でワキガが治るなら安いものだと思いました

 

傷跡が残るのもある程度は受け入れる覚悟をしていましたが、一番ひっかかったのが再発のリスクです。

 

病院を受診したのが20歳のときです。
アポクリン腺が成長しやすい若い時期は、手術しても再発のリスクがあります。

 

しかも再発した後に再度手術をしようとすると、皮膚が固くなっていて手術の難易度が上がったり、傷もかなり目立つようになるかもと。
もう少し、年齢を重ねてからの方がいいと言われました。

 

 

 

 

これからずっとこの体質と付き合っていかないといけないのか。

 

 

人の目を気にしてコソコソしなければいけないのか。

 

 

周りのヒソヒソ話が私を中傷しているように思えてしまうのか。

 

 

「手術さえすればなんとかなる」

 

そう考えていた私は目の前が真っ暗になりました。

 

 

 

そのとき先生に勧められたのがデトランスαでした

 

先生曰く、病院でも取り扱うほどで、制汗剤の中で最も効果があるとのこと。
まだ使ったことがないのなら使ってみなさいと。

 

市販されている制汗剤は汗の臭いを抑えるのに対して、デトランスαは汗そのものを抑える効果がある

 

臭いは汗が常在菌に分解されることで発生するので、汗を止めることで臭いを発生させないとの話でした。

 

 

デトランスαでワキガはなんとかなるのか

 

 

手術の希望が断たれ、藁にもすがる思いでデトランスαを注文しました。
到着まで1週間ほどでしたが、届くまでとても長く感じました。

 

届いた日に早速使ってみました。
期待と不安でドキドキです。

 

デトランスαをあけてみると、、少しアルコールっぽいにおい。
決していいにおいとは言えなかったです。

 

これを脇にこれでもかと塗りこみました。

 

 

使ってみるとなんかヒリヒリする

 

なにこれ、、

 

かゆい

 

痛い

 

 

海外製のやつだし肌に悪いのか?と思い使用をストップ

 

かゆみに耐えられずに速攻で洗い流しました。

 

 

なんだよ、コレ使えねーじゃん!

 

 

デトランスαを投げ捨てて、その日は期待を裏切られた悲しみと、行き場のない怒りのなか、泣きながら眠りました。

 

 

 

 

翌日、少し冷静になって使い方を確認してみました。
しっかりと説明書を読まなかった私が悪いのですが、使い方にもポイントがあります。

 

  • デトランスαは寝る前に清潔な肌に少量だけ塗る
  • 翌朝はしっかりと洗い流す
  • 最初は毎日使い、効果を感じ始めたら間隔をあけていく

 

塗る量は少しでよかったようです。

 

8×4やデオナチュレのような臭いに対する制汗剤を使っていると、ついつい大量に塗ってしまいがちですが、デトランスαはたくさん塗る必要はありません。

 

デトランスαはその効果が強力なため、正しく使うことが大切です

 

 

改めて適量を塗ってみました。
少しピリピリはするのですが、5分ほどして乾いたら大丈夫になりました。
そして翌朝には洗い流しておきます。

 

洗い流したら効果がなくなるのでは?と少し不安でしたが、まずは正しい使い方を守ることにしました。

 

 

1日目

全く効果を感じれず、正直ガッカリしました。
本当に効くのか不安でたまりません。
でも病院で推奨するほどなので、もう少し続けてみようと思いました。

 

 

2日目

翌日も同じように使いました。
使用した感じですが、「あれ、ひょっとしたら汗が少ない?」という印象です。

 

ただ、気温や体調で汗の出る量なんて簡単に変わるので、デトランスαの効果までかは確信が持てない程度です。
ひょっとしたらひょっとして効果があるのかも?というような思いでした。

 

 

3日目

2日目は体調や気温による誤差の範囲かと思いましたが、3回ほど使って確信しました。

 

 

脇汗が止まった

 

なにコレ、すごい

 

服に汗が全く染みていない。

 

間違いなくデトランスαの効果だと確信できるほどの威力です。
服の脇の部分を嗅いでみたけど、汗をかいていないので臭いもしません

 

 

4日目~7日目

毎晩塗って、朝に洗い流してを繰り返しました。
少しピリピリはするのですが、最初の頃よりは痒みを感じません。
効力はますます強くなり、脇に汗をかきませんし、臭いもありません。。
脇が汗をかかずにサラサラになりました。

 

普段セーターを着た日は熱がこもって汗をかきやすくなるのですが、6日目にセーターを着てみても脇からはほぼ汗をかきませんでした。
本当に怖いくらいに効果があって笑っちゃいました。

 

 

7日目~1ヶ月

1週間を過ぎたあたりから使用頻度を落としていきます。
だいたい、週2,3回ほど使っていました。
回数を減らしても効果はあいかわらず継続です。

 

先生が、市販の制汗剤と違うと言っていた意味がわかりました。

 

正直、話にならないくらい効力が違います。
デトランスαを手放せなくなりました。

 

 

1ヶ月すぎたあたりで2本目の注文をしました。
届くまで少し時間がかかるので、念のため早めに手に入れようと思ったからです。

 

それからずっとデトランスαをリピートしています

 

 

ワキガということを人に気づかれなくなった

 

 

デトランスαを使うようになってから生活が激変しました。

 

今までは常に周りの視線が気になっていましたが、もう怯える必要はなくなりました。

 

好きな服も選べるようになりました。真っ白い服もです。

 

お気に入りの服を汗ジミのせいで泣く泣く捨てることもありませ
ん。

 

トイレにこもって汗を拭いたり着替えたりする手間もなくなりました。

 

 

1番嬉しかったことは母親と仲良くなれたことです。

 

昔はこんな体に生みやがってと恨んだこともありました。
いつもどんなときも私の味方でいてくれた母親に酷いことを思う自分自身が嫌いでたまりませんでした。
少し距離を置いていた時期もあったけど、今では一緒に服を買い物に行くほど仲良しです。

 

 

人見知りな性格を完全に治せてはいないけれど、勇気を出して接客業のバイトも始めました。
ファミレスで働いています。

 

人から「ありがとう」と言われるのがこんなに嬉しいとは思いませんでした。
ばい菌と呼ばれてたころからは想像もできません。

 

今では友達もできました。女の子もそうですが、男の友達も少しずつですが増えてきています。
次は素敵な彼氏を見つけたいなと思っています。

 

 

すごく当たり前という話では、電車で吊り革につかまれるようになりました。
臭いが気になっていたころは、脇をぎゅっとしめて、「においの犯人は私じゃないよ」と下をむいて過ごしていました。

 

今ではちゃんと吊り革につかまっているので、ふらふらしたりしません。

 

通いなれた道のはずなのに、窓から見る景色は初めての訪れた街のようにすごく新鮮に映ります。

 

 

正直な話、こんなちっぽけなモノでここまで生活が変わるとは思っていませんでした。

 

できればもっと早い時期にこのデトランスαに出会っていればという思いもあります。

 

でも後悔している時間ももったいないので、これからは前向きに楽しんでいこうと思います。

 

もし私と同じようにワキガや多汗症で悩んでいる人がいたら、楽しいこともいっぱいあることを知ってほしいです。